スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LUPIN the Third~峰不二子という女~ 第12話感想


いよいよ最終章、前篇です。2回見ての感想です。

相変わらず、見ていて不愉快な部分は多々ありましたが、
全体的にはけっこう楽しめたと思います。

不二子がね…。前半のサングラス不二子は凄く良かったんだけど、
それ以外の不二子が湯けむり不二子に次ぐ見てらんない作画でした。
湯けむり以降、なんで主役?なのに残念な作画の不二子ばかりなのだろう…
一番、丁寧に描かなきゃいけないキャラのハズなのに…

…とまぁ、不二子の描写に関する不満を先に述べましたが、
今回の一番の不満点は、モンゴエでした。
ああ、凄く嫌だった。
2回目見る時は、モンゴエのシーン、目をつぶりました。
最後の最後で?、またもTVSP、またはそれ以下の五ェ門を登場させてくれました。
なんでああいうことをするんだろう?はぁ……

2大不満点があっても、「けっこう楽しめた」と総評できるのは、
やっぱりルパンと次元のシーンが良かったからでしょう。
二人の会話とアクションシーンで綴られる流れは、自分の好きなルパン三世の姿だと言えます。
一部カリ城っぽいダイブのシーンがあって嫌だったけど、まぁ、許容範囲で。

ストーリーに関しては後篇を見てからでないと何とも言えないので書きませんが、
後篇の感想=このシリーズのストーリーの総評 となってしまいそうなので、
慎重にいきたいところです。

最終話の感想が終わったら再び全話観直して、
あらためて各話ごと&シリーズ全体の感想を書きたいと思います。
では、また来週……


峰ふじこ~は~、イッちゃった~♪…って、なんだ、この歌(苦笑)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓ カウンターね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。