スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LUPIN the Third~峰不二子という女~ 第8話感想


今回は、前回がツマらなかった分、それよりはマシだろうという感じで期待していましたが…

面白かったです。かなり満足です。
タイトル発表時に期待し、思い描いていたものに、かなり近い姿だったので嬉しかったです。

登場キャラクター全員の絵柄、言動、すべてに満足。

ホモオナベ警部補も、銭形をカッコ良く描くための引き立て役としては充分かと。

今回は過去作のオマージュというか、ファンサービスもしくは製作者のルパンファン自己満足要素が多くて面白かったです。
なんか次元がやたらとパイロットフィルム風な芝居をしてましたね~
ゲストキャラも明智と百地を足して割ったようなデザインだったし。

ルパン、カッコ良かったな~
自分の求めてるルパンだけを見れて、聴けて、満足、満足♪
今回のクリカンルパン、すごく良かった。(…っていうか、嫌いな部分が今回なかっただけ?(^^;)
ここまでクリカンルパンで満足できたのは初めてかも。

やっぱ、主役はルパンだね。ルパンが出ない回とは、話のテンポが違う。
いい、悪いではなくて、個人的な好き嫌いだけれど。
不二子を主役に、不二子視点で…ってのは、無理なのかなぁ?
…っていうか、
シリーズを通して不二子の過去を謎として解き明かしていく…という作り方をしている以上、
そもそも主役には向かないように思うのですが。

まぁ、もう放送前の宣伝文句は気にせずに、残りの放送を楽しませてもらうことにします。
あと5回か~。なんか寂しいな~

そういや9月に発売が決まったようですね。やっぱりBOX売りだった。
DVDとブルーレイ、両方予約したけど…きっと開封するのはDVDだろうな。レンタル版の単品も欲しいけど。
サントラCD出してくれよ。早く。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓ カウンターね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。