FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LUPIN the Third~峰不二子という女~ 第7話感想

今回は、初めて観ている途中で居眠りをしました。
今シリーズで、初めて、観ていて退屈だった。

戦争がらみで五ェ門も出るというのは知っていたので、もともと期待はしていなかったんだけれど、
予想以上のストーリーや展開のつまらなさでした…。

普通に時系列に話を綴らなかったのは、どういう意図だろう?
かえって話の盛り上がりを妨げていたような気がします…。
あくまで個人的にそう思っただけだけれど。

作画は、悪いとまでは言わないけれど、良くなかった。
とりたてて「素敵な絵」が全然なかった。残念。これも今シリーズで初めて。


五ェ門が変人ではなくなった。それは良い。
でも、都合のいい時だけ現れる「最終兵器」的な扱いはTV新ルパン以降と同じ扱いだった。

あと、きっと誰もが指摘する「何故、峰不二子という名前を覚えていなかった?のか」という点。
「ガールフレンド」「ふじこちゃん」を連呼すると思われていた五ェ門が、それらを一切口にしなかったのは良かったのだが、第3話のラストを無かったことにしてしまうのは、どうしたものかと。

まぁ、3話で五ェ門が惚れたのはあくまでマリアであって、峰不二子という本名は聞いたけれど、
やっぱり自分の好きなのは「マリア」だ。という思想の五ェ門に、あらためて「峰不二子」という女の名前を認識させた…という意図だったと言われれば、そう思えなくはないけれど。
(冒頭で「峰不二子」と説明されているが、その後のシーンで「マリア殿…」と呟いているしね…
なんだか好きな女の子が結婚して名前が変わったのは知っているけれど、あえて旧姓で呼んでしまうようなのと同じだな)

でも、無理矢理だがこれで五ェ門の変人キャラの修正は行われた。
もう「甘い」「可憐だ」「ガールフレンド」「不二子ちゃん」「つまらぬもの」は言わせるなよ。


そうそう。
今回はおっぱい無いのかな~。冒頭でムチがあったから、別にナシでもアリかな~
なんて思ってたけど、最後で無理矢理?あったね。
でも今回は全体的に「顔」が良くなかったから、顔は出さずに乳を出すラストカットは悪くなかったかも。

いやぁ、今回は繰り返し観る気にならない話だった~
寝たい時にいいかも(笑)
次回は五ェ門以外はメインが全員出る話らしい…
あのホモオナベも出るけど…きっと、今回よりは面白いでしょ。多分。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓ カウンターね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。