スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LUPIN the Third~峰不二子という女~ 第6話感想


さて、今回は今シリーズを見てきて初めて、
「おぉ!ビックリ!」という展開を見せてくれました。
(↑前半、アイキャッチ前の部分ね)

あのオカマだかオナベだか不明キャラの意図する位置づけも
ようやくわかってきました。
個人的にオリジナルでメインキャラは不要だと思っているけれど、
既に存在してしまっている以上はもう、とりあえず今後に期待することにします。

前回が普通のルパンとして面白かったので、
今回、期待はあまりしていなかったのですが…けっこう、楽しめました。
やっと今シリーズの意図している姿を見せてもらえた気がします。

「峰不二子という女」というタイトルを聞いた時にイメージしていた世界(自分が期待していた世界)とは違っていましたが、
それはそれ、来週も楽しみにさせていただきます。


具体的に細かいとこで気になったトコを羅列していきます…

心を盗まれた云々は…苦笑。カリ城名セリフはもう出さなくていいよ。

声色が変わってから蹴りを入れるのではなく、蹴りを入れてから声色を変えて欲しかった。
そうでないと、不二子だったら蹴りを回避できてしまうんじゃ…?

不二子が全体的に良かった。絵も声も言動も。満足。
「だったら…いじめてあげる」が、怖くてよかった。言われたくないけど。

♂♀マーク再登場。今後もたまには出して欲しい。
(…って、もう半分終わってるから、あと2回は出して欲しいな)
原作では「♂図カット」が多様されたけど、ビックリの「♀図カット」演出か!
面白かったけど、もう見たくないよ(笑)

幼少不二子のシーン、きっと今後もちょくちょく出るんだろうな~
個人的には不要。
だからといって次回から全く出なかったらボロクソに言われるだろうから(笑)
頑張ってこれ以上ルパンの世界観を壊さないようにしてもらいたいものです。
擬人化フクロウみたいなキャラ、イヤだけどレギュラーになりそうだな…

機関銃を乱射する女学生…漫画アクションの表紙とかにあるモンキー世界観を彷彿させられて良かった。

痰ツボ連呼…なんだか慣れてきた。いやだなぁ。

そんなところか。


いやぁ、毎週、それまでの全話を観なおして最新話の鑑賞に臨んでますよ。
朝の満員電車では音だけ聞き(昔のドラマ編LPを聞く気分で…)、
帰りの電車は並んで座ってPSPで本編を観る~を繰り返す毎日。
このままいくと、新ルやパースリに迫る鑑賞回数になりそう。

気が付けば、OPやEDを口ずさんでしまっています。
早くサウンドトラックCD出ないかなぁ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↓ カウンターね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。