スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LUPIN the Third~峰不二子という女~ 第13話感想


最終話の感想です。

今までの流れからして、わりと理想的な終わり方だったと思います。

きっと、ルパンが全てを説明して終わるんだろうな~とか思ってたら、その通りでした(笑)

今回は予想通り?小池健さんが作画に参加しており、前回の使いまわし以外の絵はいいものが多かったです。
絵がカッコいいと、それだけで嬉しくなります(^^)

なんか消化不良だったり、納得いかない部分もありますが、
モンキー先生の作品もそういうトコはいっぱいあるので、
そういう部分もひっくるめてのアニメ化と無理矢理捉えれば、うまくまとまっていたと思います。
個人的には好きです。第1,2,5,8話に次いで気に入りました。


でも、不満点も書いとくと…

まずはやっぱり、オスカー警部補…
第11話で死んどきゃ良かったのに、洗脳されて復活、そして再度爆死…
前回ラストに出てきた時、「え!?やっぱり重要人物!?」とか思ったのに、
なんだか必要性が謎の要らないゲストキャラでした。
豚だの痰ツボだの、ホモだの百合だのをルパンの世界に持ち込んだだけの人でした。
「与えられたものを想像し、読み取り、理解できる人」でなくても彼?存在意義が理解できるように説明して欲しかったですね。
頑張って考えると、このシリーズに銭形を関与させるため、それだけのキャラだったのか…!?
それくらいしか思いつきません。

そして、五ェ門…
次元と対決させるために、あの格好で最終話に登場…
あんな気色悪い五ェ門を出すくらいなら、無理に旧ルパンに繋がるようにしなくて良かったのでは…
…っていうか、無理矢理なのは五ェ門の存在自体そのもの。
ガールフレンド連呼、女装、etc…
キャラクターを破綻させてまで登場前に登場させないで欲しかったですね。
なんか似たようなことを第3話の時にも書いたような(^^;


なんのかんので、この「峰不二子という女 前後篇」は面白かったです。
五ェ門を除き、カッコいいルパン達が見れました。
あの変な歌「あのコの名前は峰・ふじこ~♪ 峰ふじこは、イッちゃった~♪お空のお城に…」も、
なんだかギャグで気に入ってしまいました。
サントラCDが出るなら、収録してもらいたいです。


次回は、1週間以内にシリーズ全話を1話ずつ振り返っての総評をしたいと思います。
何度見ても感想が変わらないものは記述が重複しちゃうかもしれませんが…
では、また…


追記
次回も書く内容だけど、最後に一言。
キャラクターデザインは本当に良いシリーズだった。
このキャラクターで、悪趣味な台詞・演出の無い「LUPIN the Third~」シリーズ第二弾を希望します。
スポンサーサイト
↓ カウンターね
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。